行為

行為

By : -

めまいが出ず、片耳だけに出ることの多い耳鳴りと難聴を幾度も繰り返すタイプのことを「蝸牛(カタツムリ)型メヌエル病(Cochlear Meniere’s Disease)」という名前で診断する事があるとのことです。
基礎代謝(Basal Metabolism)とは人間が横になっていても燃焼してしまうエネルギーのことで、大半を身体中の筋肉・一番大きな内臓である肝臓・大量の糖質を必要とする脳が占めていると言われているようです。
食事という行為は、食べたい物を気軽に口に入れたら20回前後咀嚼して後は飲み下すだけだが、その後も身体はまことにまめに動き食物を身体に取り込む努力をしているのだ。
内臓に脂肪が多い肥満と診断され、脂質(ししつ、lipid)、高血圧(こうけつあつ)、高血糖(こうけっとう)の中で2〜3個に相当するような事例を、メタボと呼んでいるのです。
もう歯の表面を覆っている骨を溶かすまでに悪化してしまった歯周病は、おそらく進行具合が和らぐことはあっても、失った骨が元の量に戻るようなことはないと言われているのが現状です。
酒類に含まれるアルコールをクラッキングする特徴のあるナイアシンは、辛い宿酔に効果的な成分です。ゆううつな宿酔の因子とみられているエチルアルデヒ(アセトアルデヒド)という化学物質の無毒化に作用しています。
毎日のように横向きのままでTVを見ていたり、片手で頬杖をついたり、踵の高い靴などを日常的に履いたりという習慣的なことは体の上下左右の均衡が悪くなる元凶になります。
陰金田虫(いんきんたむし)は若い男の人に患者が多く、大体股間の辺りにのみ拡大し、体を動かしたり、お風呂から上がった後など身体が熱くなった時に強烈なかゆみを誘引します。
明るくない場所では光不足で見るのが難しくなりますが、更に瞳孔が開くので、眼のレンズのピントを合わせるのに余計なパワーが必要になってしまい、日の差す場所でものを眺めるより疲れやすくなるのです。
必須栄養を万遍なく含んだ食生活や運動は当然のこととして、全身の健康や美容を目的として、栄養を補うために様々なサプリを利用する事が一般的なものになったそうです。
WHO(World Health Organization、世界保健機関)は、有害なUV-Aの度を越した浴び過ぎは皮ふ病を招く可能性が高いとして、19歳未満の男女がファッション感覚で肌を黒くする日焼けサロンを利用することの禁止を主に先進国に喚起しています。
普通では骨折を起こさない程の僅かな圧力でも、骨のある定まったポイントだけに繰り返して連続してかかってしまうことによって、骨折してしまうことがあるので注意が必要です。
いんきんたむし(陰金田虫)とは、医学上では股部白癬と言われている、カビの一種の白癬菌が股間や陰嚢(いんのう)、尻などに何らかの理由でうつり、寄生する感染症のことで水虫のことなのです。
スギの木の花粉が飛散する頃に、小さな子どもが発熱は確認できないのに頻繁にくしゃみしたりずっと鼻水が止まる気配をみせない状態だったなら、『スギ(杉)花粉症』の可能性があるかもしれません。
ハーバード大学医学部の研究結果によると、通常のコーヒーと比較して1日2カップ以上はカフェインレスコーヒーで代用すると、恐ろしい直腸癌の罹患率を約5割も減らせたとのことだ。