減少

減少

By : -

食べ過ぎ、太り過ぎ、喫煙、運動不足、不規則な生活、多忙によるストレス、高齢化など複数の素因が集合すると、インスリンの分泌量が減少したり、働きが鈍化したりして生活習慣病と言われる方の2型糖尿病を発症すると考えられています。
予防接種の不活化ポリオワクチンは、長きに渡って使用されてきた生ワクチンにかわる新しい手段として、平成24年9月以降は任意接種ではなく定期接種となるので、集団接種ではなく小児科などで注射する個別接種という形になりましたのでご注意ください。
ブラッシングで、被介護者がセラピーアニマルのことをすごく愛おしいと感じるとオキトキシンが分泌され、結果としてストレス軽減や心の癒しなどに繋がっているのです。
バイキンやウィルスなどの病気を生み出す微生物が肺の中へ入り込んで感染してしまい、肺の中が炎症反応を起こした様子を「肺炎」と称しているのです。
人間の耳の構造は、耳殻側から順番に「外耳(outer ear)」「中耳」「内耳」の3種類に大別することができますが、中耳の部分に様々なバイ菌やウィルスなどが付いて発赤等の炎症が発生したり、体液が滞留する病気を中耳炎と称しているのです。
よく耳にする心筋梗塞というものは心臓の周りを走る冠動脈の動脈硬化によって血液の通り道である血管の中が細くなってしまい、血流が途切れ、欠かせない酸素や栄養を心筋に送ることができず、筋肉細胞が壊死する大変危険な病気です。
自分で外から見ただけでは折ったのかどうか自信がない時は、負傷してしまった部分の骨を弱めに突いてみて、もしその部分に激しい痛みが響けば骨折かもしれないので、すぐ整形外科を受診しましょう。
薬や酒に含まれるアルコール、化学調味料を始めとした食品添加物などの成分を特殊な酵素で分解して無毒化する作用を解毒(げどく)と呼んでおり、多機能な肝臓が果たす非常に大切な役割分担の一つと言えるでしょう。
既に歯の周りの骨を減らすほど酷くなってしまった歯周病は、原則病状そのものが沈静化することがあっても、失った骨が元通りに戻るようなことはないでしょう。
塩分と脂肪の大量摂取をやめて自分に合った運動をおこなうだけでなく、ストレスのかかり過ぎないような日常生活を続けることが狭心症をもたらす動脈硬化を未然に防ぐ知恵なのです。
急性中耳炎(きゅうせいちゅうじえん)とは、最も症例の多い中耳炎で乳幼児によく起こる病気です。耐え難い耳の痛みや38度台の発熱、酷い鼓膜の炎症、膿が出てくる耳漏(じろう)などの色々な症状が現れます。
酒類に含まれるアルコールを分解する効果を持つナイアシンは、苦しい二日酔いに効果的な成分です。ゆううつな宿酔の主因物質と考えられているエチルアルデヒ(アセトアルデヒド)という物質の分解に力を発揮しています。
ビタミン欠乏症である脚気(かっけ)の症状は、手先や足先が痺れるような感覚があったり下肢の浮腫などが代表的で、病状が進むと、あろうことか呼吸困難に陥る心不全などを起こす可能性があるということです。
演奏会やライブなどの開催される会場や踊るための広場などにある特大スピーカーの真横で爆音を浴び続けて耳が聞こえづらくなる症状を「音響外傷(おんきょうがいしょう)」と言うことをご存知でしょうか?
クシャミや鼻水、鼻詰まりや目の掻痒感・ゴロゴロする感覚などの花粉症の代表的な諸症状は、アレルギーの原因となる花粉の放出される量に比例しているかのように酷くなるという特徴があるのです。