血液検査

血液検査

By : -

悪性の卵巣腫瘍である女性の卵巣がんは、通常ならばヒトをガンにさせない役目をする物質を製造するための鋳型のような遺伝子の不具合が原因で発病してしまう病気だと言われています。
体脂肪量には変化がないのに、体重だけが食事や排尿などによって一時的に増減するような場合、体重が増えた人の体脂肪率(body fat percentage)は低くなり、体重が減れば体脂肪率が高まることがわかっています。
「肝臓の機能の低下」については、血液検査のGOT(AST)やGPT(ALT)、γ-GTP等3つの数値で診ることができますが、最近では肝機能が減衰している現代人の数が徐々に増加傾向にあると報じられています。
痩身目的で1日の総カロリーを抑制する、食べる量が少ない、というような暮らし方が結果的に栄養をも不足させ、慢性の冷え性を誘発する事は、多くの医療関係者が危惧されているのです。
乳児が受ける不活化ポリオワクチンは、長きに渡って使用されてきた生ワクチンに替わり、平成24年9月1日より任意接種ではなく定期接種集団接種ではなく病院などで個々に注射する個別接種の形に変わります。
バイ菌やウィルスなどの病気を誘引する病原微生物、すなわち病原体が口から肺の中に入り込み伝染し、肺の中が炎症反応を示したことを「肺炎」というのです。
ご高齢の方や慢性疾患をお持ちの方などは、殊更肺炎にかかりやすくて治療が長引く傾向が見られるため、予防に対する意識や迅速な処置が大事なのです。
生活習慣が原因の2型に対し、1型糖尿病は、膵臓(すいぞう)に存在するインスリンの源であるβ細胞が何らかの理由で破壊してしまうことが原因となり、結果として膵臓から必要量のインスリンが分泌されなくなり発病してしまう種類の糖尿病です。
気分障害の一種であるうつ病は副交感神経が優位になると脳で分泌される神経伝達物質であるセロトニンが不足した結果、不眠、気分の落ち込み、著しい倦怠感、疲労感、食欲不振、体重の減少、強い焦燥感、顕著な意欲の低下、希死念慮、自殺企図等の症状が見られます。
エイズウイルス、すなわちHIVを持った血液、精液を始め、母乳、腟分泌液などの様々な体液が、乳飲み子等の粘膜や傷口に接触する事で、HIVに感染する可能性が高くなってくるのです。
陰金田虫というのは、医学的に股部白癬(こぶはくせん)と言い、白癬菌というカビが陰嚢(いんのう)や股間、臀部などに何らかの理由でうつってしまい、寄生してしまった病気のことであり水虫です。
杉花粉症などの病状(鼻みず、鼻づまり、連発するくしゃみなど)のために夜しっかり睡眠を取れないと、それが災いして慢性の睡眠不足に陥り、次の日の業務の遂行に良くない影響を与えるかもしれないのです。
暴飲暴食、肥満、喫煙、運動不足、不規則な生活、肉体的なストレス、加齢など多様な素因が融合すると、インスリン分泌が鈍くなったり、機能が落ちたりして2型糖尿病(ICD-10:E11)を発症すると考えられています。
虚血性心疾患の心筋梗塞とは心臓の周りにある冠動脈の動脈硬化によって血管の内腔の直径が細くなってしまい、血液の流れが途切れ、重要な酸素や栄養を心筋に届けられず、ほとんどの筋繊維が死ぬ大変怖い病気です。
最大の臓器である肝臓に脂質や食物由来コレステロールが蓄積した脂肪肝(fatty liver)という病気は、肝硬変や脳梗塞を代表とするいろいろな疾患の合併症の素因となる可能性が高いと考えられています。