慢性的

慢性的

By : -

基礎代謝というものは人間が何もせずに動かなくても燃えてしまう熱量のことですが、5割以上を全身の骨格筋・最大の内臓である肝臓・頭部の脳の3種類が使っているということはあまり知られていません。
様々な花粉症の症状(鼻みず、鼻づまり、クシャミなど)のせいで夜間よく眠れない場合、それが要因で慢性的な睡眠不足に陥り、翌朝目覚めてからの活動に良くないダメージを与えるかもしれません。
子供の耳管の作りは、大人と比較して幅広で長さがなく、且つ水平に近いため、黴菌が入り込みやすくなっているのです。乳幼児がよく急性中耳炎になるのは、この作りが関わっています。
日光に当たると生成されるビタミンDは、カルシウムが吸収される行程をサポートする機能が知られていて、血液の中のカルシウム濃度を操り、筋肉の動き方を適切に調節したり、骨を生成します。
ポリフェノール最大の作用は水溶性であるビタミンCやトコフェロール(ビタミンE)性質が違い、細胞の間の水溶性部分、脂溶性部分、そして細胞膜でも抗酸化作用を発揮するのです。
「体脂肪率(body fat percentage、percent of body fat)」というのは、体の中の脂肪の占有する度合いのことを指し、「体脂肪率(percent of body fat)=体脂肪量(somatic fat volume、kg)÷体重(キロ)×100」というシンプルな計算式で求めることができます。
胸焼けが特徴の逆流性胃腸炎は、1週間もきちんと処方薬を飲めば、一般的に9割前後の患者さんの自覚症状は消え去りますが、そうは言っても食道粘膜のダメージや炎症が完全に治ったとは言い切れないので気を付けましょう。
生活習慣が原因の2型に対し、1型糖尿病とは、膵臓に存在する血糖値を下げるインスリンの源であるβ細胞が破壊されてしまうことから、その膵臓からはインスリンがほぼ分泌されなくなってしまい発病するという自己免疫性のタイプの糖尿病です。
ジェネリック医薬品というものは新薬の特許が失われた後に購入できて、新薬とまったく同じ成分で経済的な自己負担の小さな(薬の代金の高くない)後発医薬品のことで、最近知られるようになりました。
クモ膜下出血とは90%弱が「脳動脈瘤」という血管にできるコブが破裂してしまうことが原因となって罹患する命にかかわる深刻な病気として知られるようになりました。
男性だけにある前立腺はその生育や活動にアンドロゲン(男性ホルモン)が大変深く関連していますが、前立腺の癌も同じく、アンドロゲン、すなわち男性ホルモンによって肥大化してしまうのです。
いんきんたむしは20〜30代の比較的若い男性に多い傾向があり、よくあるパターンとしては股間の辺りにのみ広がり、身体を動かしたり、風呂に入った後など身体が温まると強い痒みが訪れます。
はりを痛みの発生源に刺す、というダイレクトな刺激が、神経細胞を活性させ、神経インパルスと言われているいわば電気信号の化学伝達を誘発すると考えられているようです。
音楽の公演の開催場所やディスコなどに設置されている特大スピーカーのすぐ横で大きな音を浴び続けて耳が聞こえにくくなることを「音響外傷(おんきょうがいしょう)」と言うのです。
加齢に伴う難聴では段々聴力が落ちるものの、多くの人は60歳を超えてからでないと聴力の衰えをしっかりとは把握できないものです。